auスマートバリューのメリット・デメリット

「auスマートバリュー」は、auひかりインターネットサービスを申し込むと利用できるお得なセット割引サービスです。

auのスマホやタブレット、携帯端末の毎月使用料金が、最大2,000円割引(2年間)されます。

家族のもつすべての携帯端末が割引対象となっているので、スマホやタブレットをたくさんもっている家庭ほど、割引の恩恵を多く受けられます。

もしスマホが4台あれば、毎月最大8,000円の割引です!

1年で96,000円、割引期間の2年間合計では192,000円の割引です。3年目以降もずっと、1台あたり934円/月の割引されます。

スポンサーリンク

「auスマートバリュー」光セット概要

smartvalue_smartphone_sub

 スマホデータ定額 2年間 3年目~
10G以上 2,000円/月 934円/月
5G以上
LTEフラット
ISフラット
1,410円/月
その他 934円/月

データ定額10G以上プランを利用している場合、2,000円/月割引。

データ定額5G以上もしくはLTEフラット・ISフラットプランの場合、1,410円/月割引になります。一般的に使用者の多いのはこちらのプランですね。

家族で4台のスマホを持っていれば、5,640円/月の割引となります。インターネット使用料を支払っても、お釣りがきますね!

データ定額5G以上プランが4台なら、2年で約12万円以上の節約になります。

最近ではキャッシュバックキャンペーンなどが豊富な光コラボが注目されていますが、スマホセット割の無いプランよりも、多少キャッシュバックが少なくてもauスマートバリューが適用された方が結果的に安くなります。

家族のスマホ・タブレットも割引

auスマートバリューの嬉しいところは、家族のスマホやタブレットも、すべて割引対象になっているところです。

さらに、離れて暮らしている祖父母なども割引対象になります(50歳以上)。

スマホやタブレットをたくさん持っている家庭の方が、割引金額が大きくなるわけです。

1台あたりのスマホ使用料が、少なくとも年間1万円以上の割引されます。この割引は光インターネットを契約している限りずーっと付きます。

永年934円/月割引

割引適用期間は2年間ですが、3年目以降も永年934円/月の割引が適用されます。

スマホが4台あれば、3,736円/月の割引がずっと続きます。約5,100円の光インターネット料金が、実質1,400円ほどで利用できてしまうのです。

インターネット事業者を比較していると、ついついキャッシュバックの大きな広告に惹かれがちですが、長い目でみるとスマホ割の方が圧倒的にお得になります。

例えば5万円のキャッシュバックを受け取ったとしても、1度限りのものです。

夫婦2人でスマホを利用している場合、2年間で67,680の割引です。さらに3年目以降も年間22,416円の割引がずっと続きます。

auスマートバリューの注意点

auスマートバリューの概要・メリットを紹介しましたが、いくつかのデメリット・注意点も解説します。

auスマートバリューはとてもお得なサービスですが、申し込む前に必ずこの2点をチェックしておきましょう。

  • 光コラボではない
  • 光でんわの加入が条件

光コラボではない

auひかりは、光コラボではありません。

光コラボとは、NTTがフレッツ光を代理店に「卸売り」する新しいサービスです。光コラボにはさまざまなサービス名がついていますが、中身はフレッツ光と全く同じものです。

一方で、auひかりは、KDDIが独自の光回線で提供する光インターネットサービスです。

  • フレッツ光からの転用は不可
  • 回線工事が必要
  • キャッシュバック補助がつく

auひかりは、光コラボではないため、フレッツ光からの「転用」をすることができません。このため、フレッツ光からauひかりに乗り換える場合、フレッツ光とプロバイダの解約および違約金が発生します。

また、auひかりは独自の回線を使用しているため、フレッツ光の回線を持っていても、乗り換えの際には新しく回線工事をしなければなりません。

では、auひかりを諦めて光コラボからインターネット回線を選ぶべきなのでしょうか?

auスマートバリューの特典の大きさを考えると、違約金が発生してもauひかりを選んだ方がよいでしょう。また、auひかりではキャッシュバック特典や、工事費用が実質無料キャンペーンを行っています。

つまり、転用ができず回線工事が必要になるものの、乗り換え費用はほとんどかからないです。

光でんわの加入が条件

auスマートバリューの利用条件として、au光でんわに加入する必要があります。

au光でんわは、月額500円の使用料がかかります。

いまどき固定電話なんて使わないよ、という方もいるかもしれませんが、auスマートバリューを利用するためには加入しなければなりません。

月額料金がかかるものの、auスマートバリューの割引金額の方が大きいので、もしいらなくてもauスマートバリューが無いよりはお得になります。

ただし、au光でんわはNTTからの転用ができないため、固定電話の引継ぎができません。光でんわの電話番号は新しく取得することになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク