詐欺?光コラボの押し売りに注意!

最近、詐欺まがいの光コラボの押し売り営業が増えています。

電話口でNTT代理店を名乗り「プランを変えるだけでもっと安くなります。費用もかかりません」といった甘い誘いで転用させようとします。

「フレッツ光を利用されている方はみんな変えています」と、NTTが強制的に変更しているかのように言う業者もいます。

NTTの名前を聞くと、NTTの人間からの電話だと思い込んでしまい、信用してしまいます。新しいプランができて親切で教えてくれるのかな、よくわからないけどお金がかからないならお願いしよう、と電話口で申し込んでしまう人も少なくありません。

しかし、実際は光コラボの代理店の営業です。

転用とはいったい何なのか、どんな契約になるのかハッキリ理解しないまま、手続きを勝手に(意図せず申し込んで)すすめられてしまうのです。

スポンサーリンク

光コラボとは?

「光コラボレーション」というサービスを始めて聞いたという方も多いかもしれません。

突然電話がかかってきて、光コラボに切り替えると安くなります!と言われても何が何だかわからないでしょう。

光コラボレーションは、2015年からスタートした光インターネットサービスです。NTTがフレッツ光を「卸売り」する形をとっており、さまざまな代理店が自社ブランドとして代理販売しています。

光コラボの特徴は、これまでインターネット回線とプロバイダをバラバラに契約しなければならなかったものを、光コラボのみで一括契約できるようになっています。さらに、フレッツ光と比較すると毎月使用料が1,000円以上も安くなっています。

有名なところでは、SoftBankやYahooなどが代理販売しています。しかし、大手企業だけではなく、光コラボの開始によって立ち上げられたベンチャー企業も無数にあります。

まだまだ始まったばかりのサービスということもあり、質の悪い業者がはびこっているのが現状です。

悪質業者に申し込むとこんなことに・・・

光コラボの悪質業者のタチの悪いところが、毎月使用料などが本当に少し安くなるところです。

しかしこのような営業はメリットばかり話し、デメリットについては触れないまま契約させてしまうケースが頻発しています。

契約してしまってから、こんなはずじゃなかったとなっても遅いです。インターネットは契約期間が2~3年で、それ以前に解約してしまうと違約金が発生します。

  • 転用は1度きり!?
  • 通信速度が遅い、不安定に
  • プロバイダが変わっていた
  • 違約金・工事費がかかる
  • キャッシュバックが貰えない!?
  • サポートが繋がらない・・・

転用は1度きり!?

光コラボには転用というサービスがあります。

フレッツ光を利用している場合、転用することで解約金や工事費用が免除されます。ただし、転用は1度キリしかできないというデメリットもあります。

あとからもっと安いプランがあったと気付いても、再転用はできないため、プランを解約すると違約金が発生してしまいます。

悪質な光コラボ事業者は、転用は1度限りしかできないということを、伝えないまま契約させてしまいます。契約してから気づいても、後の祭りです。

通信速度が遅い、不安定に

悪質な光コラボ事業者と契約した後に、以前よりも通信速度が遅くなってしまった、通信が不安定になったというトラブルが頻繁に発生しています。

念のため申し上げますが、光コラボというサービス自体が悪い訳ではありません。

光コラボは、回線自体はNTTが管理しています。しかし、インターネットの接続を担うプロバイダの質が悪いと、通信速度や安定性に影響がでます。

悪質な光コラボ事業者は、利益を上げるために安くて質の悪いプロバイダと提携しているのです。

プロバイダが変わっていた

光コラボは、回線サービスとプロバイダがセットで契約できるので、シンプルでわかりやすいという特徴があります。しかし一方で、プロバイダを自由に選べないというデメリットもあります。

良く調べないまま契約してしまうと、現在利用しているプロバイダと違うプロバイダになってしまう可能性があります。

転用ではフレッツ光の解約は不要ですが、プロバイダが変わると、プロバイダの違約金が発生します。

質の悪いプロバイダと提携している光コラボと契約してしまうと、通信速度が遅くなったり通信が不安定になる可能性があります。

違約金・工事費がかかる

光インターネット回線は、フレッツ光以外にもauひかりやNUROといった様々な回線サービスがあります。

フレッツ光からauひかりへなど、別の回線に乗り換える場合は「転用」ができません。そのため、フレッツ光の解約・違約金や光回線の工事費用がかかります。

営業トークで「乗り換え費用はかかりません」と言いいますが、電話先の家庭がどんなインターネット回線を使っているのかは把握しているわけではありません。手続きをすすめてみたら、工事費用がかかることがわかることもありますが、無理にすすめてしまいます。

もちろんここでキャンセルすることもできるのですが、日本人の性格上、途中で断るのは申し訳ないと思って支払ってしまう人が多いのです。

キャッシュバックが貰えない!?

悪質な光コラボ事業者で多発しているのが、キャッシュバックが受け取れないというトラブルです。

光コラボのキャッシュバックには「開通から12カ月後に受け取り権利を得られる」という条件が設けられているケースが多いです。

契約したらすぐにキャッシュバックが受け取れるわけではないのです。また、「受け取り権利を得る」というのは、12カ月後に送られてくるメールから、契約者が申し込みをしなければなりません。

自動的にお金が振り込まれるわけではなく、1年後に自分で手続きしないといけないという、面倒な仕組みになっています。もし手続きを忘れてしまうと、キャッシュバックは受け取れません。

また、キャッシュバックの条件に、光でんわや光テレビをセットで契約すること、という条件がある場合もあります。

つまり、光インターネットを契約しただけではキャッシュバックが貰えないのです。

サポートが繋がらない・・・

悪質業者の特徴としてよくあるのが、サポートデスクに問い合わせても、電話が繋がらない、メールの返信が遅いという業者が多いです。

光コラボの開始によって参入したベンチャー企業では、人手不足でサポートまで手が回らないのです。

契約後にトラブルがあってもなかなかサポートに繋がらず、泣き寝入りとなるケースも多いです。

キャンセルできるケース

光コラボ自体が悪いわけではありません。

質の高い高速インターネットがこれまでよりも安く利用できる光コラボもたくさんあります。悪質な業者によって悪いイメージが広まってしまうのは残念です。

もし、電話口で申し込みしてしまった場合でも、途中からキャンセルすることができます。

【電話で申し込みをした後】
営業電話がかかってきて、そのまま申し込んだものの、後から考えを改めたという場合、取り消しすることができます。

【転用承認番号を伝えた後】
転用承認番号を伝えた後でもキャンセルできます。手続きはすすめられますが、契約には至っていなければ取り消し可能です。

【回線工事の前】
手続きをすすめると、回線工事の日程調整の電話がかかってきます。この際に、キャンセルしたいことを伝えましょう。実際に工事を行ってしまうと、取り消しすることができなくなります。

【切り替え日前】
転用の場合、インターットの切り替え日の前までならば、キャンセルすることができます。インターネット接続のID・パスワードが送られてきても接続する前ならば、使用していないのでキャンセルができます。

光コラボのクーリングオフは可能?

光コラボレーションはクーリングオフができません。

電気通信事業法、放送法などおいてクーリングオフが規定されておらず、携帯電話・プロバイダ・ケーブルテレビ、またインターネット回線はクーリングオフの対象外です。

訪問販売や電話勧誘においても、特定商取引法によって適用除外となっています。

自主的にクーリングオフ制度を設けている事業者もありますが、半強制的に契約させようとする事業者がきちんと制度を整備しているのは期待できないでしょう。

契約してしまったらキャンセルできないと考えておきましょう。解約時には数万円の違約金が発生してしまうので、慎重に契約しましょう。

インターネットの速度(bps・ping)の測り方・単位の意味▶

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク