フレッツ光からSoftBank光の乗り換え料金比較

フレッツ光から、SoftBank光への乗り換えで、いくら料金が安くなるのかシミュレーションしてみました。

実際に数字で見ると、驚くほど安くなることが実感できますね。

フレッツ光の料金と、SoftBank光の料金、プラス乗り換えの費用を算出して比較していきます。

スポンサーリンク

フレッツ光の料金

料金
光回線 5,200円/月
プロバイダ 1,000円/月
ルーター 300円/月
にねん割 -700円/月
合計 5,800円/月

フレッツ光1GBプランの1ヶ月の使用料金です。

フレッツ光では、回線料金とプロバイダの契約が分れているところが大きな違いです。

また、1GBの高速プランの場合、専用ルーターをレンタルする事になります。通常、無線機能が付いていないルーターを利用すれば、レンタル費用はかかりません。しかし、1GBの専用ルーターでは無線LANがついているものしか提供されていません。

無線LANを使わない・・・という方でも、毎月300円のルーター料を取られてしまいます。

初期費用

料金
契約料 800円
調整費 3,000円
工事費 500円x30回
合計 18,800円

フレッツ光に新規契約する際に必要な手数料と工事費用です。

調整費と工事費は一括払いすることもできますが、料金は変わりません。分割払いで高くなるということはないので、一括払いのメリットは特にありません。

割引特典

キャンペーン名 期間 割引額 合計
にねん割 2年間 700円/月 16,800円
プロバイダ割引き 12ヶ月 無料 12,000円

フレッツ光に新規契約した際に利用できる特典です。

「にねん割」は、契約期間を2年間に設定することで毎月700円の割引がされます。この特典は次の2年後の更新時に再適用することもできます。

ただし、2年ごとの更新月の間を過ぎると、解約時に違約金9,500円の支払いが発生します(集合住宅の場合1,500円)。

プロバイダ割引は、はじめの1年間、プロバイダ料金が無料になるキャンペーンです。プロバイダごとに割引期間が違う場合があるので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

SoftBank光の料金

料金
光回線 5,200円/月
プロバイダ 込み
ルーター 込み
おうち割 -1,008円/月x人数分
合計 5,200円/月

SoftBank光1GBプランの1ヶ月の使用料金です。

SoftBank光では、独自のプロバイダサービスを保有しており、回線料金とセットで契約されるのでシンプルでわかりやすいですね。

プロバイダ料金がまるまるカットされているので、フレッツ光と比較するとかなりお得になっています。

さらにルーターの使用料も込みです。毎月300円の負担でも1年で3,600円、2年で7,200円と、長期間使用すると大きな金額になっていきます。

また、後ほど詳しく紹介しますが、ソフトバンクユーザーはおうち割が適用され、-1,008円/月x人数分が適用されます。持っているスマホの数が多いほど、割引額も大きくなります。

初期費用

料金
手数料 3,000円
工事費 24,000円
合計 27,000円

SoftBank光に新規契約する際に必要な手数料と工事費用です。

SoftBank光では、NTTがフレッツ光で提供している回線と同じものを利用します。ソフトバンクで光回線の工事依頼をしますが、実際に工事を行うのはNTTの作業員となります。

フレッツ光よりも工事費用が高くなるのは、スケジュールの仲介などで人件費がかかるからでしょう。光回線の新設費用だけを見るとフレッツ光のほうがお得です。

ただし、キャンペーンの適用により、工事費用を実質無料にすることもできます。詳しくは次項の割引特典で紹介します。

また、現在フレッツ光を利用しており、自宅に光回線を持っているという方であれば、同じ回線を再利用できますので工事が不要になります。フレッツ光からSoftBank光への契約切り替えによる調整費として2,000円のみの負担になります。

割引特典

キャンペーン名 期間 割引額 合計
ソフトバンク「おうち割」 永年 1,008円/月x人数分 12,096円/年
工事費用サポート 24ヶ月 1000円×24ヶ月 24,000円

SoftBank光に新規契約した際に利用できる特典が大きく2つあります。

ソフトバンク「おうち割」は、ソフトバンクのスマホやタブレットを持っている場合、1,008円/月x人数分の割引がされます。4人家族であれば、4,032円の割引です。さらに、はじめの2年間は割引額が増額され、最大2,000円/月も割引されます!

インターネットの利用料が5,200円ですから、実質1,200円ほどの負担になります。非常に大きなサービスですね。

SoftBankおうち割の詳細

2つめの特典は、工事費用サポートキャンペーンです。毎月分割払いする工事費用を、相殺する割引特典が適用され、実質負担なしで光回線を利用できます。

分割払いが終わる前に解約してしまうと、残りの工事費用を支払わなければならなくなる点には注意が必要です、

詳しくはこちらのSoftBank光紹介ページをご覧ください。

SoftBank光

料金比較

フレッツ光から、SoftBank光に乗り換えた際の料金を比較してみます。

期間限定の特典は除外して計算します。フレッツ光のプロバイダ1年間無料特典や、おうち割のはじめの2年間の割引増量は適用しません。

永年利用できる、フレッツ光のにねん割や、おうち割の基本割引のみ適用して比較していきます。

SoftBank光 フレッツ光
光回線 5,200円/月 4,500円/月
プロバイダ 込み 1,000円/月
ルーター 込み 300円/月
合計 5,200円/月 5,800円/月

フレッツ光は、にねん割の効果が高く、回線料を4,500円まで下げることができます。しかし、プロバイダ料金やルーターのレンタル料などが発生し、合計料金が5,800円まで上がっています。

SoftBank光は、回線料金にプロバイダ費用やルーターのレンタル料が込みになっており、かなり料金を抑えた設定になっています。

インターネットの基本料金だけでも毎月600円ほどの差がありますね。

さらに、SoftBank光ではソフトバンクのおうち割が利用でき、大幅な割引が適用されます。ソフトバンクユーザーであれば、家族全員のスマホ・タブレットに対して1,008円/月の割引となります。

4人家族であれば、4,032円も割り引かれます。

台数 割引額 インターネット実質費用
1台 1,008円 4,192円
2台 2,016円 3,184円
3台 3,024円 2,176円
4台 4,032円 1,168円
5台 5,040円 160円

4人家族であれば、インターネットの費用が実質1,168円ほどまで抑えられます。

ひとり暮らしでも、4,192円までさがりますから、フレッツ光と比較すると約1,600円も節約になります。年間では実に2万円近くの差になります。

ソフトバンクのスマホやタブレットが5台以上あれば、理論上はインターネット料金が無料で利用できるようになりますね。

乗り換え費用

  • 手数料:3,000円
  • 工事費:実質無料
  • 違約金:約1万円

フレッツ光からSoftBank光の乗り換え費用はどれくらいかかるのでしょうか?

結論から言うと、手数料の3,000円とフレッツ光の違約金約1万円が費用としてかかります。転用時には、工事調整費として2,000円の追加料金が必要です。

工事費用は、サポートキャンペーンによって実質無料で実施することができます。

ソフトバンク光では、大きなキャッシュバックキャンペーンが行われておりませんが、おうち割によって毎月料金が数千円安くなります。フレッツ光を使い続けるよりも、結果的にはかなり安くなりそうです。

ソフトバンクユーザーなら、インターネットもまとめてソフトバンクで契約することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク