一戸建てプラン比較
順位 名称 月額料金 3年費用 キャッシュバック 特典 手数料 工事費用 エリア 詳細
1位 auひかり 4,350円
初月無料
95,250円 97,500円 【auスマホ】
-2000円/月x人数分
3,000円 37,500円 全国 詳細
2位 NURO光 4,743円
初月無料
138,905円 70,000円 【Softbankスマホ】
-2000円/月x人数分
3,000円 39,900円 関東 詳細
3位 Softbank光 5,200円 170,200円 44,000円 【Softbankスマホ】
-2000円/月x人数分
3,000円 24,000円 全国 詳細
4位 コミュファ光 4,400円
-300円(3年)
138,300円 35,000円 【auスマホ】
-2000円/月x人数分
700円 25,000円 東海 詳細
5位 ビッグローブ光 5,180円 195,480円 10,000円 - 1,000円 18,000円 全国 詳細
6位 OCN光 5,100円 199,600円 5,000円 - 3,000円 18,000円 全国 詳細
7位 marubeni光 5,580円 190,700円 30,000円 - 820円 19,000円 全国 詳細
8位 フレッツ光 6,000円
-300円(30ヶ月)
225,800円 なし - 800円 18,000円 全国 詳細

※「3年費用」は、月額料金、手数料、工事費用の総費用からキャッシュバックを引いたものです。特典の割引は含まれておりません。

一戸建て向け

光コラボのプランはかなりシンプルに作られており、戸建て用・集合住宅用の2つから選ぶことになります。

プランは2つあるとはいえ、実際にはどちらか好きな方を利用するということはできません。戸建てにお住まいの方が集合住宅プランを利用する、もしくはその逆はできません。

どのインターネット事業者が良いのか、比較する際に必ずチェックしておきたいポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

回線の種類を比較

光回線の種類によって、インターネットの速度が変わります。現在では、ほとんどの光回線で最高1Gpsという高速通信が可能となっています。

  • NTT(フレッツ光)
  • auひかり
  • NURO
  • CATV
  • その他電力会社系

光インターネット回線は上記5つのどれかに当てはまります。現在、光回線を利用している方は、どの回線を使用しているか確認しておきましょう。

別の光回線に乗り換える際には、回線工事が必要になります。工事のための費用や時間がかかってしまうので、注意してください。

NTT(フレッツ光)

光コラボ事業者は、NTTの光回線を利用して光インターネットサービスを提供しています。フレッツ光と同じ回線なので、現在フレッツ光を利用している方におすすめです。

フレッツ光からの「転用」によって、違約金や工事費が免除される特典もあります。

auひかり

KDDIが運営するauひかり回線です。電力会社の保有する光回線を利用しており、全国の様々な光インターネットサービスと提携しています。電力会社が管理する光回線ということで、工事やサービスの質の信頼の高さが人気です。

スマホ料金が割引されるauスマートバリューが利用でき、auユーザーにもっとも人気の回線です。

NURO

世界最速2Gpsの高速光インターネットサービスです。動画視聴や3Dオンラインゲームなど、とにかく速いインターネットが欲しいという方におすすめです。

ただしNUROは、関東県内のみのサービスとなっております。

CATV

いわゆるケーブルテレビ系列の光インターネットサービスです。他回線と比較すると、速度・安定性に難があり、あまり一般的ではありません。主に地方など、他の回線がサービスしていない地域などで利用されています。

その他電力会社系

西日本エリアで比較的シェアを伸ばしているのが、電力会社系の光回線です。電力・通信の大手として信頼性が非常に高く人気です。最近ではauひかりとの提携がすすんでおり、auスマートバリューが利用できるなどの特典もつくようになってきました。

プロバイダを比較

プロバイダとは、インターネットの接続を担うシステムです。フレッツ光では、プロバイダは別途契約する必要がありましたが、光コラボの登場によってセットで申し込みできるようになりました。

プロバイダは、インターネットの安定性の要です。

プロバイダはいわば運転手です。どんなに高性能な車(光回線)でも、運転手の腕が悪ければ期待する速度・乗り心地になりません。

質の悪いプロバイダを利用している光コラボに申し込んでしまうと、速度が不安定であったり、接続が途切れてしまうといった報告もされています。

大手光コラボ事業者では、プロバイダも選択できるようになっています。現在利用しているプロバイダと同じモノを選べば、環境を変えることなく割安な光コラボに切り替えることができます。

プロバイダ一覧

料金を比較

インターネットの乗り換え先の条件として、もっとも重要な条件に価格があると思います。

光コラボの毎月料金は、プランによって1,000円以上の差があることもあります。年間では1万円以上も負担が違ってきます。

料金を比較する際に、広告でよく使われる「実質費用」という表記には注意が必要です。

毎月使用料 5,500円
キャッシュバック 5万円
特典 初月無料

例えば、1年目実質費用875円/月で光インターネットが利用できます!といった広告をよく見かけます。でも実際はこのような内訳になっています。

毎月の使用料は、5,000円です。実質費用875円/月とされていても、銀行口座からはきっちり5,000円引き落とされます。

このカラクリのキモは、キャッシュバックと特典にあります。

実質費用は、1年間の合計費用からキャッシュバックと特典を引いたものを、月割にして算出されています。

毎月使用料が5,500円ですから、1年で66,000の費用がかかります。しかし、特典によって初月無料なので、60,500円と計算されます。さらにここから、キャッシュバックの5万円が引かれます。

1年の実質費用は10,500円となるのです。これを12で割って月負担で計算すると、875円になるわけです。

本当は6,000円という高い使用料を請求されますが、1年目実質負担では875円/月なのです。

もちろん、大きなキャッシュバックや特典は魅力的です。しかし、それらは一度限りのものです。長期的にみると負担が大きくなっているかもしれません。

光コラボのプランを比較する際には、2年・3年といった長期間の合計負担で試算しましょう。少しキャッシュバックが少なくても、毎月使用料が低いプランを選ぶことで、結果的にお得になることもよくあります。

光コラボ激安のカラクリ

特典を比較

光コラボでは様々なキャンペーンを行っています。特典の違いによっても、大きな差が生まれます。

特にこの3つの特典が揃っているプランを選びましょう。また、それぞれの適用条件にも注意が必要です。大きな特典を謳っていても、条件が厳しすぎて期待したほどお得ではなかった、という口コミもあります。

  • スマホセット割
  • 工事費用無料
  • キャッシュバック

スマホセット割

現在の光インターネットを比較する際に、最も重視されるのがスマホセット割です。

スマホセット割のつかないプランは対象外と言っても過言ではありません。

現在利用しているスマホのグループ会社が提供している光インターネットサービスを選びましょう。

auユーザーであればauひかり、SoftBankユーザーであればSoftBank光、ドコモユーザーであればドコモ光といった具合です。

スマホセット割では、家族すべてのスマホ・タブレットが2年間最大2,000円/月割引となります。4人家族であれば、最大8,000円も割引されます。インターネット料金以上の割引ですから、非常にお得ですね。

また、3年目以降も約1,000円/月割引がずっと継続されます。スマホセット割は、キャッシュバックとは違い、契約が続く限り毎月割引がされるのも嬉しいです。

ただし、スマホセット割にはいくつか条件が設けられている場合もあるので注意しましょう。例えばauスマートバリューはauひかり電話の申し込みが必須です。SoftBankおうち割は、ユーザーが最も使用しているホワイトプランの割引額が少し低いというデメリットがあります。ドコモに関しては、他2社と比較すると割引が少ないです。

工事費用無料

光インターネットサービスでは、回線の種類が違うと、回線工事を行う必要があります。

光コラボでは24,000円、NUROは40,000円という高額な工事となります。

せっかく安いプランでも、工事費が高いとあまりお得ではありませんね。

工事費がネックとなり乗り換えに躊躇するユーザーに向けて、工事費割引・無料キャンペーンを行っているプランがあります。

工事費の有無によって負担が大きく違ってくるので、必ずチェックしておきましょう。

プランによっては、全額無料の場合と、一部割引となっていることもあります。全額無料になるプランを選びたいですね。

キャッシュバック

光インターネットを契約する際に、特典としてキャッシュバックを受け取れることがあります。

数万円単位の大きなキャッシュバックを貰えることも少なくないので、できるだけたくさん貰えるプランが良いですね。

ただし、キャッシュバックには条件がつくこともあります。

例えば、光インターネットに合わせて、光でんわや光テレビに申し込むことが条件になっていることが多いです。ネット+でんわ+テレビなら3万円キャッシュバックのところ、ネットのみだと1万円しか貰えないということもあります。

実際に契約してみたら思ったよりも特典が少なかった、ということもあるので適用条件もしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク