Softbank光「おうち割」のメリット・デメリット

「おうち割」は、Softbank光の目玉サービスです。

ソフトバンクの光インターネットサービスに申し込むと、ソフトバンクのスマホやタブレット、携帯端末の毎月使用料金が、最大2,000円割引(2年間)されます。

家族のもつすべての携帯端末が割引対象となっているので、スマホやタブレットをたくさんもっている家庭ほど、割引の恩恵を多く受けられます。

もしスマホが4台あれば、毎月最大8,000円の割引となります!

1年で96,000円、割引期間の2年間合計では192,000円の割引です。3年目以降は金額が下がりますが継続して割引されます。

スポンサーリンク

「おうち割」光セット概要

ouchi-wari

 割引額 2年合計 条件
-2,000円/月 48,000円 大容量パック
-1,522円/月 36,528円 標準プラン
-500円/月 12,000円 3Gケータイの場合

割引料金は携帯端末の契約条件によって変わります。

スマ放題データ定額パック・大容量(10/15/20/30)の場合、最大割引の-2,000円/月が適用されます。2年間で合計48,000円の割引となります。

スマ放題データ定額パック・標準(5/8)もしくはホワイトプランを使用している方は、-1,522円/月の割引が適用されます。2年間で合計36,528円の割引です。多くの方はこちらのプランを使用していると思います。

ただし、ホワイトプランの割引額は「増額キャンペーン(ホワイトプラン)」が実施されている期間のみです。キャンペーン終了後は-500円/月となります。

その他のプランをご利用の方は、-500円/月です。

おうち割の最大のメリットは、家族の携帯端末すべてに適用される(最大10端末)ことです。

4人家族でスマホが4台ある家庭であれば、最大8,000円割引となります。標準プランの場合では、6,088円/月割引です。4台スマホがあれば、インターネット料金がチャラになってお釣りもきます。

数万円のキャッシュバックよりも、毎月使用料が安くなるスマホセット割の方が、結果的にはお得になります。少し特典負けしていても、スマホセット割がつく光コラボを選びましょう。

3年目以降の割引は下がる

 割引額 条件
-1,008円/月 大容量パック
-500円/月 その他プラン

「最大2,000円割引」は2年間限定です。3年目以降は割引金額が下がります。

大容量パックの場合は-1,008円/月、その他のプランでは-500円/月となります。こちらの割引は、インターネットの契約が続く限り適用されます。

スマホ4台あれば通常プランでも毎月2,000円の割引になります。インターネット料金が毎月5,200円としても、実質3,200円の負担です。

スマホ割の無いプランと比較すると、非常に安く利用できますね。

消費税は別払い

 内訳 料金
使用料 10,000円
消費税 800円
割引額 -2,000円
合計 8,800円

少し細かい話になりますが、消費税は別払いとなります。

消費税を含めた総額から、割引される仕組みです。このため、消費税が増税しても割引金額は変わりません。

スマホの使用料が10,000円だった場合、消費税が加算された10800円から割引されます。

でんき契約はしなくてよい

ouchiwari-denki

ソフトバンクの公式サイトにはこのような案内があります。

「自宅のインターネット、でんきなど、おうちに関するさまざまなサービスをソフトバンク携帯電話とセットで契約することでおトク・便利になるサービスです。」

 割引額 条件
-2,000円/月 光インターネット
-300円/月 光でんき

うちわけを見てみると、光インターネット契約で最大2,000円割引、光でんきに申し込むと300円割引となります。

セットでお得!とされていますが、セットにすると割引額が増えるわけではありません。

光インターネットを利用せず、光でんきに申し込んだ場合でも、300円割引となります。光でんきがなくても、光インターネットの契約だけで最大2,000円割引は受けられますから、不要であれば無理にセットにする必要はありません。

割引対象

おうち割が利用できるサービスの一覧です。

【SoftBank 光】
自宅固定型の高速光インターネットサービスです。光コラボでフレッツ光よりも安く光インターネットが利用できるようになりました。

【SoftBank 光 ファミリー・ライト】
月額料金は安いものの、データ容量3GBまでという制限がつきます。

【SoftBank Air】
工事不要のカンタンおくだけインターネットです。wifiを自宅用の固定型にしたプランです。将来引越をするなど、固定回線が引けない方におすすめです。

【ホワイトBB】
格安インターネットとIP電話がセットで使えるサービスです。

Yahoo!BB ADSL/Yahoo!BB バリュープラン】
Yahoo!BBおADSLプランです。光コラボの登場により光インターネットの価格が下がっているため、ADSLを新規で開通するケースは減っています。山間部など光回線が引けない地域で利用されています。

【SoftBank ブロードバンド ADSL(Nexyz.BB)】
Nexyz.BBが提供するADSLサービスです。

【SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)】
エディオンが提供するADSLサービスです。

【ケーブルライン】
提携ケーブルテレビ局とソフトバンクが提供する固定電話サービスです。

【ひかりdeトークS(ケーブルライン)】
TOKAIケーブルネットワークが提供する固定電話サービスです。

【NURO 光 でんわ(ケーブルライン)】
ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する固定電話サービスです。

割引特典詳細

対象料金サービス 割引額
右記以外プラン ファミリー・ライト
2年間 3年目~ 2年間 3年目~
スマ放題
スマ放題ライト
大容量(10/15/20/30) 2,000円 1,008円 2,000円 500円
標準(5/8) 1,522円 1,008円 1,522円 500円
スマ放題 ・小容量(1/2)
・シンプルスマホ
・3G ケータイ
500円 500円 500円 500円
ホワイトプラン 指定パケットサービス 1,522円 1,008円 1,522円 500円
上記以外 500円 500円 500円 500円
ベーシックデータ定額プラン
for 4G LTE( iPad 専用)
500円 500円 500円 500円
ベーシックデータ定額プラン
for 4G(タブレット専用)
500円 500円 500円 500円

auスマートバリューと比較

ソフトバンクのおうち割と似たサービスを提供している、auひかりのauスマートバリューと、セット割のサービスを比較してみました。

  • auひかりは光コラボではない
  • 割引額はau有利?
  • 乗り換えは慎重に

auひかりは光コラボではない

Softbank光は光コラボレーションです。

フレッツ光を使っている方は、回線工事をすることなく、乗り換えができます。また、転用プランを利用することで違約金が発生しないというメリットもあります。

一方で、auひかりは光コラボではありません。

フレッツ光からauひかりへの転用はできません。また、auひかりは独自の光回線を使用しているため、乗り換えの際には回線工事が必要となります。

割引額はau有利?

 スマホデータ定額 2年間 3年目~
10G以上 2,000円/月 934円/月
5G以上
LTEフラット
ISフラット
1,410円/月
その他 934円/月

auスマートバリューの割引額の一覧表です。

多くの方が利用される、「5G以上」「LTEフラット」「ISフラット」の割引額が1,410円/月と、100円ほど低いです。2年間では2,400円ほどソフトバンクのおうち割の方が有利です。

ただし、3年目以降の割引額がauスマートバリューの方が434円も多く引かれます。多くの方が利用しているホワイトプランの割引額は、キャンペーンが終了してしまうと、毎月500円割引に下がってしまいます。

一家で4台スマホがある場合、1ヶ月で約1,700円の差ができます。

ただし、auスマートバリューの利用条件に光でんわの加入があります。光電話は月額500円の使用料がかかりますので、1ヶ月の割引額の差は1,200円となります。

乗り換えは慎重に

auスマートバリューの方が、セット割引は有利となりそうです。では、セット割引のために乗り換えをするべきでしょうか?

筆者は、乗り換えするほどの差ではないと思います。

まず、すべての乗り換えをしなければならないという手間がかかります。1台や2台ならともかく、家族全員のスマホを乗り換えるのは大変な作業です。

また、乗り換えのための違約金や、新しく契約する際の手数料も発生します。この手数料の元をとるために数年かかります。

また、こどもが独立し、それぞれの家庭でインターネットを引くようになれば、割引の対象から外れてしまいます。高校生からスマホを持ち始めても、最大7年が割引の限度となります。はじめの2年間はソフトバンクと条件は同じなので、実質5年の差です。

10年、20年と続くなら大きな差になりますが、多少の差であれば手間を考えると、乗り換えするほどの差ではないでしょう。

また、技術の進歩のスピードを考えると、10年後には別の新しいサービスができていると思います。あまり遠すぎる将来のことを気にしすぎるのも良くありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク