光コラボ集合住宅・マンションタイプのメリット・デメリット

アパートやマンションにお住まいの方、引っ越し予定の方が光コラボを利用したい場合、まずはじめにアパート・マンションのインターネット整備状況を、大家さんもしくは管理会社に問い合わせてください。

アパート・マンションの場合、原則、整備されているインターネット回線を利用することになります。

個人で好みのインターネット回線を選んで使用することは難しいので、注意が必要です。

スポンサーリンク

集合住宅のインターネット状況

mansion-construction

インターネットの回線を選ぶ際に、個人が自由に選ぶことができると、勘違いしてしまう方は少なくありません。自分のお金で、自分が欲しいものを買うのは当たり前です。

しかし、インターネット回線では、あまり自由がききません。

賃貸のアパート・マンションだけではなく、分譲マンションでもやはり、建物に整備されているインターネット回線・契約しか利用できません。

集合住宅タイプでは、まず共有スペースにインターネット回線を引き込み、スプリッタという回線を分割する装置で各部屋に配線します。建物の内部に配線するため、大がかりな工事が必要なのです。

このため、個人で勝手に回線を通すというのは難しいのです。

  • インターネット対応物件
  • インターネット完備物件
  • インターネット付き物件
  • インターネット無し物件

インターネット対応物件

インターネット回線が、共有スペースまで整備されている物件です。マンション・アパートではこのタイプが一般的です。

インターネットを利用する際には、自宅まで回線を引き込む工事が必要となります。

共有スペースまで引き込まれている回線がフレッツ光であれば、光コラボを利用することができます。auひかりやNUROなど別の回線であれば、それぞれのサービスのみ利用できます。

インターネット完備物件

インターネット回線が各部屋まで整備されているタイプです。この場合、回線工事は不要です。

ただし、インターネットを使用するためには、インターネットの契約をする必要があります。

一般的には、マンションが加入している集合住宅タイプのインターネット契約に、追加で入れてもらう形式となります。

回線を共有する集合住宅タイプは嫌だから、自宅だけ独立した回線を引いてもらう、ということは難しいです。

インターネット付き物件

インターネット付き物件とは、アパートやマンションの管理者が全部屋分のインターネットを一括で契約している物件です。

入居時にルーターや、接続のためのID・パスワードを受け取り、LANケーブルでパソコンに繋げれば、インターネットをすぐに使用できます。

個人では、一切の手続きをする必要はありません。

インターネット料金は、家賃や管理費として請求されます。

インターネット無し物件

建物にインターネットが一切整備されていないという物件もあります。

光回線自体が整備されていないという場合は、残念ながら光サービスを利用することができません。

大家さんや管理会社の許可があれば、自宅にだけインターネットを引き込むことはできるかもしれません。ただし、4階建て以上の大きな建物では、配線工事の技術上、戸建てタイプのように配線することは難しい場合が多いです。

建物にインターネットが整備されていない場合、インターネットが使えない場合もあるということもあるのです。

最近ではWi-Fiなどの無線通信の技術もかなり進歩しており、非常に高速なインターネットを使用できます。インターネット回線が整備されていない場合は、Wi-Fiの導入がおすすめです。

デメリット

アパートやマンションなど、集合住宅タイプのインターネットでは、あまり自由がきかないというデメリットがあります。

また、回線を共有することでのストレスも発生します。

個人が勝手に契約できない

原則、入居者は建物に整備されている回線しか利用することはできません。

auひかり回線であれば、フレッツ光や光コラボを利用できませんし、その逆もしかりです。

そもそも光回線が無い物件であれば、光サービス自体が利用できません。

また、光回線の速度プランも変えることができません。例えば建物が100mbpsの契約であった場合、1Gpsプランに変更することはできません。マンション全体で一括契約しているため、プラン変更するためには全部屋の契約を更新する必要があります。

入居者の賛同を元に大家さんや管理会社が一括で契約を変えなければ、プラン変更ができないのです。

速度が遅い・不安定

集合住宅タイプのインターネットでは、回線を共有するため、同時にたくさんの人が使用すると、速度が遅くなったり不安定になることがあります。

もちろん、戸建てと比較すると「太い」回線ではありますが、利用者が多いため、どうしても速度が遅くなってしまうのです。

高速道路でも、車が多すぎれば渋滞してしまいます。渋滞気味の高速道路よりも、すいている一般道路の方が速いこともありますよね。

ちなみに、戸建てタイプの場合でも、家庭内で複数のパソコンでインターネットを使うと、速度が遅くなります。お父さんが仕事でインターネットを使い、こどもがネットゲームをしていれば、速度は半減します。

メリット

集合住宅タイプのインターネットは不自由な面も多いですが、メリットもたくさんあります。

大きなデメリットである、プランを自由に選べないという点は、現在ではどうしようもありません。インターネットのために戸建てを購入するというのも無理な話ですから、そういうものだと思いましょう。

もちろん、引っ越す前にインターネット環境について、管理会社に確認をとっておけば、光回線自体が無いという最悪のケースを回避することもできます。

利用料金が安い

  • 戸建て:5,000円/月
  • 集合住宅:3,500円/月

集合住宅タイプのインターネットの最大のメリットは、利用料金が安いことでしょう。

戸建てと比較すると、1,500円/月ほど安くなります。1年では18,000円の差額になりますから、無視できませんね。

インターネットの速度が遅くなることもありますが、映画などの重い動画の視聴や、高解解像度の3Dネットゲームをプレイするというわけでなければ、そこまでストレスは感じないでしょう。

ちなみに筆者は学生の頃ネットゲームが趣味でしたが、実家にADSLしかありませんでした。非常に速度が遅かったため(下り150kbps)、寝る前にダウンロードを開始し、翌日起きてから学校に行き、帰宅するまでダウンロードをしていました。

プレイ自体も低解像度にすれば、たまにラグがあるものの、問題なく遊べました。

光回線であれば、多少の波はあっても、高速であることには変わりありません。

工事費用が不要・すぐ使える

近年では、インターネットが無いというアパート・マンションはほとんどありません。インターネットが無ければ入居してもらえませんから、少し古めの物件でもインターネットの導入が進んでいます。

新しい建物であれば、部屋まで回線が整備されており、あとは繋げるだけという物件も多いです。

引っ越してもすぐにインターネットが使えないというのは不便ですから、回線整備されているマンションはとても便利です。

光コラボの契約期間を必ずチェックしよう▶

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク