光コラボの契約期間を必ずチェックしよう

光コラボのプランを比較する際には、「契約期間」を必ずチェックしましょう。

光コラボの契約期間で最も多いのが、2年タイプと3年タイプです。

事業者側もできるだけ長く契約してほしいという狙いがあり、3年タイプを優遇して料金割引を設定しているケースもあります。

しかし、契約期間を知っておかないと、引っ越しのタイミングと合わなかったり、プラン変更が自由にできないなど、後から苦労することになるかもしれません。

料金の安さに惹かれて3年タイプにしたけれど、途中で引っ越しすることになり、違約金で損してしまうということもありえます。

スポンサーリンク

契約期間がずれる

光コラボの契約期間は、携帯電話の契約と似ています。

光コラボは2年~3年の契約期間となっています。そして、契約が終わる2年目・3年目に、1ヶ月間の契約更新月が設定されています。

契約更新月に特になにも手続きをしなければ、自動的に契約が更新されます。そしてまた2年~3年の契約が結ばれます。

契約更新月では、契約を更新せず、解約することもできます。もしこの1ヶ月を過ぎてしまうと、契約破棄ということになってしまい、数万円の違約金の支払いが発生します。

もし契約を解除する場合は、できる限りこの更新月にしたいです。

引っ越しとタイミングが合わない

光コラボの契約期間は、2年タイプと3年タイプがあります。

ここでピンと来た方も多いと思います。そうです、3年契約の場合、賃貸の契約とタイミングが合わない可能性があります。

賃貸の契約は基本的には2年ですから、インターネット契約が3年だとズレが生じてしまいます。

賃貸 インターネット
1年目 2年契約 3年契約
2年目
3年目 2年契約
4年目 3年契約
5年目 2年契約
6年目

もし、インターネット契約と賃貸の更新月を合わせるとなると、引っ越しできるのは6年後ということになります。また6年後を過ぎると、さらにまた6年間はタイミングが合う時期がきません。

どうしても引っ越ししなければならないという場合は、どちらの更新月に合わせるべきでしょうか?

賃貸は違約金はかかりませんが、更新料を支払っています。更新料は1ヵ月分というのが相場です。家賃が7万円であれば、更新料は7万円となります。

もし、インターネットの契約に合わせて3年目に引っ越すとすると、賃貸の契約を1年残すことになります。つまり、更新料の半分の3.5万円分が損ということになります。

インターネットの違約金と、賃貸の更新料のどちらが節約できるか、比較して引っ越しのタイミングを決めると良いでしょう。

工事期間とのズレ

光コラボを新規で契約する場合、光回線を引く工事が必要となります。

工事費用は、一括払いと分割払いを選択することができます。

光コラボでは、キャンペーンとして、工事費用サポートを受けられるプランが多いです。これは、工事費用を相殺して実質無料としてくれる嬉しい特典です。

しかし、工事費用サポートを受けるためには、分割払いを選ぶ必要があります。

ここでネックとなるのが、分割回数です。

一般的な光コラボでは、工事費用が30回分割払いとなっているプランが多いです。カンの良い方はもうお気づきですね。ここでもまた、契約期間とのズレが発生してしまうのです。

契約 工事費
6ヶ月 2年契約 分割払い
12ヶ月
18ヶ月
24ヶ月
30ヶ月 2年契約
36ヶ月
42ヶ月
48ヶ月

30回分割ということは、2年半の支払いです。2年契約の場合、工事費用の支払いが終わっていないのに契約期間が過ぎてしまいます。

24回分割にすればスッキリするのですが、これもまたインターネット契約を長く続けてほしいという事業者側の思惑なのでしょう。

もし、工事費用の支払いを残したまま契約を解除したらどうなるのでしょうか?

  • 工事費用サポートの違約金
  • 残工事費用を負担

まず、工事費用サポートの適用条件として、30ヶ月以内に解約してしまうと違約金が発生することが定められています。インターネット契約自体に違約金はかかりませんが、工事費用サポートキャンペーンの違約金が発生するのです。

また、工事費用サポートが打ち切られるので、残り半年分の工事費用の支払いを負担しなければなりません。

光回線を新規開通する場合には、工事費の分割払いの回数にも注意しておきましょう。

契約スタート時期に注意!

光コラボの契約がスタートする時期に注意が必要です。

特に、引っ越しを予定している方、光回線の新規開通工事が必要となる方は、早めにスケジュールを立てておかないと、賃貸契約などとのズレが生じる可能性があります。

光コラボの契約手続きには、時間がかかります。工事が必要な場合は、立ち合いの日程調整などがうまくいかないと、開通時期が遅れることもしばしばあります。

手続きに手間取っていると、契約開始時期が1ヶ月以上ズレてしまうこともあります。つまり、賃貸の契約更新時期とタイミングが合わなくなってしまうのです。

4月 5月 2年後 3月 4月
賃貸 入居 ・・・ 更新月
光コラボ ・申し込み
・工事
契約開始 ・・・ 更新月

4月に入居してから、申し込みをしていると月内にスタートできないかもしれません。1~4月は引っ越しシーズんで、インターネットの申し込みや工事が集中する時期です。

手続きがなかなか進まなかったり、工事の立ち合い日程が決まらず、契約開始が遅れることが多いです。

インターネットの契約が5月にずれてしまうと、2年後の契約更新月のタイミングが合わなくなってしまいます。

転居する前から光コラボの申し込みをしておき、入居したらすぐに工事を行えるような段取りにしておくと良いですね。

こんな違約金がかかる!違約金の相場

更新月のズレによって、どのような違約金が発生するのでしょうか?

また、違約金の相場はいくらくらいなのか、調査しました。

  • インターネット契約の違約金
  • キャンペーンの違約金
  • オプションプランの違約金

インターネット契約の違約金

  • 違約金:約1万円
  • 契約期間:2年タイプ・3年タイプ

光コラボを契約更新月の期間外に解約してしまうと、違約金が発生します。

光コラボの契約は基本的には2年間です。最近では3年長期タイプも登場しており、契約期間が長いかわりに、料金割引が適用されます。

契約期間か、割引か、どちらを選ぶか悩ましいですね。

光コラボの契約の違約金の相場は、約1万円前後です。事業者ごとに前後はありますが、大体これくらいの金額です。

3年割で毎月500円の割引になっても、差額は年間6,000円ですから、途中で解約してしまうと損してしまいます。将来、引っ越しをする可能性がある方は、2年タイプを選んだ方が良いかもしれません。

キャンペーンの違約金

  • 違約金:数万円
  • 契約期間:各キャンペーンにより変動

光コラボのキャンペーンには、「〇ヶ月以内に解約すると違約金が発生する」という規定がある場合が多いです。

例えば、ある光コラボの「3万円キャッシュバック」キャンペーンには以下の条件が定められています。

「最低利用期間(ご利用開始から24ヶ月後の末日まで)にSo-net退会の場合は、17,000円(非課税)を請求いたします。」

つまり、2年以内に契約を解除してしまうと、17,000円+8%消費税の違約金が発生するのです。

前述した工事費用サポートキャンペーンを提供している光コラボも多いです。

工事費用は30ヶ月分割にしているプランが多く、これより前に解約すると、約2万円の違約金が発生します。光コラボの工事費は24,000円ほどなので、結局自己負担したのと変わらないことになってしまいます。

オプションプランの違約金

  • 違約金:約2,000円~1万円
  • 契約期間:2年

光コラボと同時に、ひかり電話やひかりテレビに申し込む方もいるかと思います。それぞれのオプションプランごとに、違約金の支払いが発生します。

ひかり電話の場合、違約金は2,000円~5,000円ほどです。

ひかりテレビはやや高めで、約1万円ほどします。

更新月のタイミングに合わせて引っ越ししないと、全ての違約金を合わせると数万円の大きな出費となることもあります。

特に3年タイプの光コラボを申し込むと、オプションプランや賃貸契約とのズレが生じてしまい、うまくタイミングを合わせるのが難しくなってしまいます。

プランを比較する際には、契約期間の長さもチェックすることが重要です。

光コラボ乗り換えで遅くなる?原因と対策方法▶

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク