光コラボでも工事が必要なケース・注意点

光コラボのメリットとして「工事が不要」と大きな宣伝をしているケースが多いです。

しかし、これには「転用」という条件がつきます。

転用は、現在フレッツ光を使用している方が、光コラボへ乗り換える際に利用できるプランです。光コラボは回線自体はフレッツ光と同じものを使いますから、今ある回線を再使用できるわけです。

ただし、転用の場合でも調整費用などが発生する場合もあります。詳しく解説していきます。

※もちろん自宅に光ファイバー回線が無いと、新規開通となります。

スポンサーリンク

転用の際に必要な費用

フレッツ光からの転用際には工事費用が不要ですが、必ず支払わなければならない費用があります。

  • 事務手数料:約3,000円
  • 調整費:約3,000円

費用の名称はそれぞれの企業によっても様々ですが、事務手数料と調整費という費用が求められます。

事務手数料というのは、支払先の変更や契約時の手続きの手間に対する費用です。契約時に支払いを行います。事務手数料は約3,000円が相場です。

もう一つの調整費は、工事費用に相当する調整のための費用です。転用の際に工事費用は不要とされていても、調整費が請求される場合があります。調整費は初月に請求される場合が多いです。調整費は約3,000円です。

フレッツ光の転用だから、まったく費用がかからないというわけではないのです。契約時や初月の請求額が少し多めになるので注意しましょう。

ちなみに新規開通の場合は、事務手数料は発生しますが、工事費用を支払うことになるので、調整費はかかりません。

工事が必要なケース

光コラボの契約時に工事が必要になるケースが3つあります。

特に注意すべき点は、フレッツ光からの転用時に、速度変更がある場合です。転用の場合でも、必ずしも工事が不要になるわけではないので、注意しましょう。

工事といっても壁に大きな穴を空けたり、部屋の中に1日中作業員さんがいるということはありません。作業時間は1~2時間ほどで完了します。

  • 新規開通
  • 速度変更がある場合
  • フレッツ光以外の回線

新規開通

工事費用
戸建て 18,000円~24,000円
集合住宅 15,000円~20,000円

新しく引っ越してきた、今までADSLを利用していて光回線は初めてだ、という家庭では光ファイバー回線の新規開通工事が必要です。

ADSLでは電話回線を利用していましたが、光コラボでは、光ファイバー回線という独自の通信回線を繋げる必要があります。

ちなみに光コラボでは、固定電話の回線がなくても、光ファイバー回線のみ通せばインターネットを利用できるようになります。

工事費用は2万円前後の場合が多いです。一般的に戸建てよりも集合住宅の方が安くなります。ただし、プランによっては同額に設定されているケースもあります。

速度変更がある場合

フレッツ光からの転用の場合でも、工事が必要になるケースがあります。それは、速度変更がある場合です。

例えば、これまでフレッツ光を100mbpsで使用していた場合、1Gpsの光コラボに転用した際に速度調整が必要になります。もしこの工事をしないと、1Gpsの契約をしても回線の性能が対応しておらず、100mbpsまでしかでません。

いわば、いくら高性能なF1マシンでも、公道を走らせたら時速60kmくらいまでしか出すことができません。サーキットを走ってこそF1の性能を発揮させられるのです。同じ様にインターネットも、回線の性能を上げないと高い速度がだせません。

光回線がすでにある家庭で、速度変更のみの工事の場合、工事費用は8,000円前後です。新規工事よりは安くなります。

フレッツ光以外の回線

光ファイバー回線では、利用者の多いフレッツ光が有名でシェアの7割ほどを占めています。しかし、フレッツ光とは別の独自回線をもつ企業も多くあります。

KDDIが提供するauひかりや、高速通信で有名なNURO等は、フレッツ光とは別の回線です。

このため、フレッツ光からauひかりへの転用、またはその逆はすることができません。回線自体が別物ですから、乗り換えする際は新たに回線を敷く必要があります。

違約金サポートや工事費用割引キャンペーンなどの特典がつくプランを利用しましょう。

工事費用はいくらかかる?

光ファイバー回線の新規開通費用は、18,000円~24,000円です。集合住宅プランの場合は、少し価格が下がる場合もあります。

NUROやauひかり等は、40,000円と高めの工事費用がかかる場合もあります。この2つの回線はフレッツ光とは別の独自の光ファイバー回線です。

工事費用は、一括支払いと分割支払いがありますが、分割にした場合でも料金は同じです。また、キャンペーンによって実質無料となるケースもあるので、特典情報もしっかりチェックしておきたいです。

キャンペーンの注意点

光コラボでは工事費用が実質無料となるキャンペーンを実施しています。

具体的には、工事費用を毎月分割払いとし、さらにキャンペーン割引を効かせるという方式となっています。

工事費用 600円x30ヶ月
割引費用 -600円/月
実質負担 0円

ここで注意したいのが、工事費用が30回分割払いということです。つまり、30ヶ月以内に解約してしまうと、残りの工事費用の支払いが必要となるのです。割引は毎月負担から引かれるため、解約後の支払いは対象外なのです。

さらに、キャンペーン適用の規約に、途中解約した場合の違約金が設定されている場合があります。これはキャンペーンに対する違約金で、インターネット契約の違約金とは別に請求されます。

SoftBank光では分割払いが60回になっており、5年以上契約しないと損してしまう仕組みになっているプランもあります。将来引越する可能性がある方は、注意が必要です。

賃貸で光回線の工事はできる?▶

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク