賃貸で光回線の工事はできる?

賃貸で光インターネットを使いたい場合、新しく光回線の工事はできるのでしょうか?

引っ越しの際には、まずインターネットの状況を不動産屋か管理会社に問い合わせましょう。入居してから思っていたのと違っていた、となっても遅いです。

借りる部屋を決める際に、あらかじめどのようなインターネットが使えるのか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

勝手に工事はNG

引っ越しに忙しくて、インターネットのことなんて考えてなかった、という方も少なくないでしょう。入居してからインターネットが無いことに気づくというケースも多いです。

インターネットを開設する際は、まずは管理会社に問い合わせてください。

最近の賃貸では、ほとんどの部屋でインターネットが整備されています。管理会社がマンションタイプのインターネット契約を結んでおり、そこに入れてもらうことになるでしょう。

間違っても、勝手にインターネット会社に問い合わせて工事をしないでください。

お金を払っているからと言って、部屋を勝手に改造することはできません。光インターネットの回線工事の際には、ケーブルを引き込むために工事員が派遣されます。

管理会社の知らない工事員が入ってきたら、トラブルになってしまうでしょう。

退去時のトラブルにも

部屋を退去する際には、借りる前と状態を比較チェックされます。元々なかったインターネット回線を勝手に引き込んでいたら、撤去工事を求められる可能性があります。

無料でインターネット回線を残してあげるんだから、お得だろうと思うかもしれません。

しかし、一部屋だけ独自の回線があるのは、逆に邪魔になってしまいます。

アパートやマンションでは、建物全体を一括契約にするのが一般的です。アパート全体にインターネットを導入しようと決めた際に、残された回線が邪魔になってしまいます。

これはインターネット回線だけではないですね。例えばカーテンなども、もともと窓に付いていません。

次の入居者のためにカーテンを残してあげるのは親切なような気もします。しかし、これは大きなお世話でしょう。カーテンの柄の好みが違うかもしれませんし、次の入居者はすでにカーテンを購入しており、廃棄する手間を押し付ける結果になるかもしれません。

賃貸のインターネット利用方法

賃貸の場合、管理会社が集合住宅・マンションタイプの契約をしているケースがほとんどです。入居者は、その契約に入れてもらってインターネットを利用する形になります。

残念ながら、賃貸の場合は好きなインターネットを選ぶことはできません。

オンラインゲームをしたいから、自分の部屋だけ高速のインターネットを引き込みたい、ということはできません。このため、引っ越しする際には、部屋を決める段階で不動産屋にインターネット環境についても確認しておくことが重要です。

マンションのインターネット状況

新しい賃貸・アパート

最近はインターネットがない、という賃貸物件はほとんどなくなってきています。

インターネット環境が無ければ入居してもらえないので、大家さんも積極的に導入しています。

ただし、インターネット回線がどのようなプランになっているかを必ず確認しましょう。

従来のフレッツ光+プロバイダの2契約タイプを利用しているケースはまだまだ多く、料金面ではあまりお得ではありません。

また、光インターネットでも、最高速度が100Mbps、200Mbps、1Gbpsと様々なプランがあります。インターネット環境はあっても、古いプランのままの物件では、あまり速度が期待できません。

集合住宅では、住人全員で回線を共有しているため、部屋数が多いほどインターネット速度が遅くなるというデメリットもあります。実際のインターネット速度がどれくらいになるか、チェックしておきましょう。

  • 加入できるプラン内容
  • 物件条件・部屋数

古い賃貸・アパート

築数十年の古い賃貸物件の場合、インターネット環境が無い、というケースもあります。

契約前にインターネット環境を確認しておくべきですが、入居まで気づかないという場合もあるでしょう。残念ながらこの場合、インターネットが利用できません。

インターネットが使えないというのは非常に不便です。まずは管理会社に問い合わせてみましょう。

入居者の希望によって、物件に集合住宅・マンションタイプのインターネットを整備してくれるというケースもあります。

大家さんがインターネットの導入に積極的でない場合は、自腹で部屋に光回線を引き込んでもいいか交渉してみましょう。お金がかからないならどうぞ、と許してくれることも多いです。

ただし、この際には退去時のインターネット回線の取り扱いについても同意を得ておきましょう。撤去工事にも費用がかかるので、できれば回線を残す許可を取りたいです。この際には、口頭ではなく、文書で許可を得ておきましょう。あとから話が違うと言われてトラブルになることは避けたいです。

公営住宅・団地

市営住宅・県営住宅など、公営住宅には光インターネット回線が整備されていない場合が多いです。

古い建物の場合は、電話線を利用したADSLはあるものの、光インターネットまで対応していないというのが現状です。

残念ながら、建物自体に光インターネット環境が整備されていない場合、光プランを利用することはできません。これは賃貸と同じです。

勝手に自宅だけ光回線を引き込むということもできません。

公営住宅・団地で高速インターネットを利用したい場合は、WifiやSoftBank Airなどの持ち運びできるプランがお勧めです。

契約速度は有線には劣るものの、家族のみが利用するので集合住宅プランで回線をシェアするよりも速くなることもあります。

戸建て賃貸

賃貸の場合、原則として建物の持ち主は大家さんなので、勝手なインターネット工事はできません。戸建て賃貸であっても、まずは管理会社・大家さんに相談しましょう。

ただ、戸建ての場合はある程度、交渉する余地があります。

例えば100Mbpsの古いプランから、1Gbpsの高速プランに乗り換えたい。費用は全額負担します。

このような交渉なら、大家さんもあえて拒否する必要は無いので、許可してもらえると思います。

フレッツ光から光コラボへの転用なども、利用料金が下げられることを説明すれば、ダメとは言われないでしょう。

できれば物件選びの際にインターネット環境をチェックしておき、あらかじめ希望を伝えておくと良いですね。

引っ越し先でも光コラボ・フレッツ光は使える?▶

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク